2020年09月20日

青いお花の回答

青いお花の回答青いお花の回答

ツユクサ(露草、鴨跖草、鴨跖、学名: Commelina communis)[は、ツユクサ科ツユクサ属の一年生植物。畑の隅や道端で見かけることの多い雑草である。

朝咲いた花が昼しぼむことが朝露を連想させることから「露草」と名付けられたという説がある。英名の Dayflower も「その日のうちにしぼむ花」という意味を持つ。また「鴨跖草(つゆくさ、おうせきそう)」の字があてられることもある。ツユクサは古くは「つきくさ」と呼ばれており、上述した説以外に、この「つきくさ」が転じてツユクサになったという説もある。「つきくさ」は月草とも着草とも表され、元々は花弁の青い色が「着」きやすいことから「着き草」と呼ばれていたものと言われているが、『万葉集』などの和歌集では「月草」の表記が多い。この他、その特徴的な花の形から、蛍草(ほたるぐさ)や帽子花(ぼうしばな)、花の鮮やかな青色から青花(あおばな)などの別名がある。 色が薄く、花が紫色に見えるウスイロツユクサや、紫色の花弁が3枚のムラサキツユクサ、白い花弁のトキワツユクサなどの近縁種がある。 6本の雄しべの中で、役に立つのは2本だけである。
【出展:Wikipedia】

昨日ブログでご紹介した青いお花を、アプリを使って調べてみました。
露草と呼ばれる雑草だそうですね。
6月~9月に1.5㎝程度の小さな花が咲き、朝に咲いた花は午後に萎んでしまうそうです。
万葉集の時代から愛でられていた可憐な花のことを、この歳で初めて知りました。少し反省です。
しかし、おじさん臭い言い方かもしれませんが、本当に便利な世の中になったものですね~!

隣の写真は桜の花びらです。
今年の春に佐世保で撮ったものです。
車を停めてポスティングを行い、戻って見てみると花びらが一つフロントウィンドウに乗っかっていたのです。まるで宙に浮いた桜の花びらが時間とともに止まっているような不思議な感じでした。
季節外れとはなりましたが、ブログにもあげておらず、お花つながりでアップしてみました。

秋の花と言えば、やはりコスモスですよね。後で思い出しました。
今度コスモスに出会ったら写真にしてアップしたいと思います。



【誠実をモットーに安心のポスティングを】

健全なポスティングでクライアント様の発展・成長に貢献します。
地域に密着し、濃密度・丁寧・確実なポスティングをご提供。
結果を出せるポスティングプランをご案内いたします。

諫早市・大村市・佐世保市のポスティングならお任せください。

S.P.S長崎販売促進サービス

https://spsnagasaki.com/sps_nagasaki_wp/

posting@spsnagasaki.com




Posted by spsnagasaki at 17:46│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。