2018年09月28日

小姓小路武家屋敷通り

 

小姓小路(こしょうこうじ)は、最初藩主の側近く仕えた小姓が住んでいました。
牢屋坂の橋から、原氏宅を経て、JRの踏切を渡った突き当たりまで5町43間2尺9寸(約623m)で、14戸の屋敷があり、大村の旧武家屋敷街の中で最もまとまって古い石垣の残っている通りで、当時の景観をよく残している貴重な場所です。小姓小路の西端には、その昔、久原城のあった場所とされています。また、幕末の大村騒動(小路騒動)の暗殺事件の首謀者として処刑された長井兵庫の屋敷もこの通りにありました。
《出典:大村市ホームページ》

写真は大村市の玖島にある武家屋敷通りです。
ご覧の通り当時の石垣が残された風情ある通りとなっています。
島原にも、佐賀県鹿島市にも武家屋敷跡がありますが、
タイムスリップをしたような気分になりとても好きです。

この石垣の奥には実は民家が建っています。
当時のものではなく現代の民家です。
石垣と通りを残して、江戸時代の風景と、
今を生活する人々が融合しているんですね。
ただし、敷地はなかなか広いです。
道路からポストまでの距離が一軒一軒結構な距離があります。
ポスティングをするには少し汗をかくエリアでした(^^;

汗をかきながらもこのような素敵な風景に出会えるのは
ポスティングの醍醐味の一つですね。


【誠実をモットーに安心のポスティングを】

健全なポスティングでクライアント様の発展・成長に貢献します。
地域に密着し、濃密度・丁寧・確実なポスティングをご提供。
結果を出せるポスティングプランをご案内いたします。

諫早市・大村市のポスティングならお任せください。

S.P.S長崎販売促進サービス


posting@spsnagasaki.com


Posted by spsnagasaki at 16:54│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。