2018年11月09日

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

 

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」
今年の7月に世界文化遺産に登録されました。
長崎では何年もかけて登録を目指して運動を展開していました。
もとは「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」として登録が目指されましたが、
潜伏キリシタンに価値の焦点を絞る形で構成資産が再考された結果現在の名称になったのです。
当初は「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」として2016年の登録を目指しましたが、
名称変更とともに、構成資産の変更も随時行われてきました。
最終的に、長崎県長崎市・南島原市・佐世保市・平戸市・北松浦郡小値賀町・
南松浦郡新上五島町・五島市、熊本県天草市の資産が登録されたのです。

大村市の協和町には「放虎原殉教地」という史跡があります。
日本におけるキリシタン弾圧の大きな歴史です。
かく言う私もポスティングの最中に見つけて初めて知った者です。
とても興味深いものなので、説明板の内容を転記してみます。

【放虎原殉教地】
天文十八年(1549年)宣教師フランシスコ・ザビエルにより、日本にキリスト教が伝わりました。
大村では領主大村純忠が洗礼を受け日本初のキリシタン大名となり、領内の布教を強く支援したことから、
領民のほとんどがキリスト教に改宗し、大村はキリスト教一色になりました。
しかし、豊臣秀吉、続く徳川幕府の政策により次第にキリスト教の禁教が厳しくなり、
宣教師や信者への弾圧は日増しに強くなっていきました。大村藩でもキリスト教を禁止したことにより
領民はキリスト教から仏教への改宗を迫られ、厳しい取り調べも行われていきました。
島原の乱から二十年後、領内にはキリスト教の信者が一人もいなくなったと思われていた明暦三年(1657年)、
郡村を中心として隠れてキリスト教の信仰を続けていた人たちが発覚する事件が起きます。
事の起こりは郡村の百姓兵作が長崎の知人を訪ねた際に「矢次の里に年が十二、三才の少年がいて
萱瀬の岩穴にキリシタンの絵を隠し持っている。天草四郎にも勝るとも劣らないとの噂である。」
ともらしたことです。この話が長崎奉行に伝わり、大村藩の潜伏キリシタンの捜索が始まりました。
捜索の結果、六〇三人もの人々が捕まり、キリシタン弾圧史上、まれに見る潜伏キリシタン発覚事件となりました。
事件の中心が郡地区であったことから「郡崩れ(こおりくずれ)」と呼ばれています。
あまりの逮捕者の多さに大村藩だけでは対応できず、周辺の藩にも分散して預けられ、取り調べが行われました。
逮捕者のうち四〇六人が打ち首となり、そのうち一三一人が放虎原で処刑されました。
信者の首は、見せしめとして街道に面した獄門所につき約一ヶ月晒されました。復活することを恐れ、
首と胴は別々の場所に埋められ、首塚・胴塚として伝えられています。
この事件をきっかけに大村藩では更に厳しくキリスト教禁教政策が行われていくこととなります。
処刑の行われた刑場の場所は正確には分かりませんが、信者の方々によって、この場所に殉教の顕彰碑が建てられています。

島原の原城跡で島原の乱を勉強した時も、
雲仙地獄でキリスト教徒処刑の跡を見学した時も、
本当に辛い、苦しい思いを感じました。
宗教弾圧はキリスト教だけではありません。
仏教でもおぞましいような弾圧が歴史の事実として存在します。
宗教弾圧ではなくても、権力者が弱者をいじめ、弾圧する、
その繰り返しが日本と世界の歴史でもあるように感じます。
そしてそれは、現代も変わらず続いているようです。
歴史に学び、人類は平和と幸福の方へ進歩していかなければならないと思います。
仕事中ではありましたが、
説明を読み、顕彰碑を見つめながら、そう感じました。

説明でもありますように、
逮捕された信徒たちが繋がれた「牢」、
首を埋めた「首塚」、胴を埋めた「胴塚」など、
『郡崩れ』の大弾圧に関連した史跡があちらこちらにあるようです。
またそれ以外のキリスト教関連の史跡も多く残されているようですね。

大村に来るたびに、首塚や牢といった不吉な名前をよく目にして、
なんでそういう名前がついているんだろう?
といつも不思議に思っていたのです。
今回その謎が解けて喜ぶのと同時に、
それらの史跡全てを回りたい欲求にとりつかれてしまいました。
いつか子供たちと一緒にゆっくり回るのもいいかもしれませんね。
また別の史跡に出会ったらご報告いたしますね。


【誠実をモットーに安心のポスティングを】

健全なポスティングでクライアント様の発展・成長に貢献します。
地域に密着し、濃密度・丁寧・確実なポスティングをご提供。
結果を出せるポスティングプランをご案内いたします。

諫早市・大村市のポスティングならお任せください。

S.P.S長崎販売促進サービス


posting@spsnagasaki.com
  


Posted by spsnagasaki at 20:58Comments(0)